<h1>ブルーベリーが目に良いワケ</h1>

ブルーベリーが目に良いワケ

ブルーベリーが目に良いワケブルーベリーには、いくつもの栄養が含まれています。

 

アントシアニン、アルプチン、ビタミンA・C・E、ベーアカロテン、亜鉛、鉄分、カリウム、マンガン、マグネシウム、水溶性・不溶性食物繊維などなど。

 

栄養補給になる他、アンチエイジングや膀胱炎の予防、便秘の改善、貧血対策などに良い食べ物です。

 

とくに注目されている効果といえば、眼精疲労やドライアイなどの目の症状の効果です。

 

ブルーベリーは目に良いと言われていて、それは科学的根拠がないともされていますが、アントシアニンなど有効成分を含んでいるので、目に良い効果は期待できます。アントシアニンは活性酸素の除去作用の他に、刺激になる紫外線などから目を守る働きがあります。

 

また、目の機能低下の原因になるロドプシン不足にもアプローチします。目の網膜にあるロドプシンは加齢や疲労などにより減ってしまうのですが、ブルーベリーに含まれるアントシアニンはロドプシンの再合成を助ける役割を持っています。

 

ロドプシンが効率よく再合成されることで、眼精疲労や疲れ目、目のかすみなどの目の機能の低下を防ぐことができます。アントシアニンの血行を良くする働きも、目に良い効果に関わっています。

 

目のまわりには毛細血管が張りめぐらされているのですが、そこの血行を良くする働きがあり、酸素や栄養がしっかりと目に運ばれて、目の症状を防ぐことができます。

 

しかも、アントシアニンの働きは即効性があり、摂取から約3〜4時間で効果があらわれ、24時間も持続します。ただし、アントシアニンは熱などに弱いので、ブルーベリーを毎日食べるなら新鮮でなければいけません。効率よく摂るためには、サプリメントがおすすめです。

 

ブルーベリーサプリを毎朝飲む習慣を続けることにより、アントシアニンがしっかり体内で働いて、効果的に目の症状を改善したり、予防することができます。

▲TOP

リンク集