<h1>ブルーベリーは悪阻がひどいときの妊婦さんの栄養補給におすすめ</h1>

ブルーベリーは悪阻がひどいときの妊婦さんの栄養補給におすすめ

ブルーベリーは悪阻がひどいときの妊婦さんの栄養補給におすすめブルーベリーに含まれる有効成分といえば、代表的なのが『アントシアニン』です。

 

アントシアニンは紫や青の色素成分で、それらの色合いの食べ物に含まれています。

 

アントシアニンはポリフェノールの一種でもあり、抗酸化作用に優れているため、老化の原因になる活性酸素を除去するなどの働きがあります。

 

ですが、ブルーベリーはアントシアニン以外にも、体に必要な栄養素をバランスよく含んでいます。例えば下記のようなものが挙げられます。

 

ブルーベリーに含まれる身体に必要な栄養素
  • ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE
  • ベータカロテン
  • 亜鉛
  • マンガン
  • カリウム
  • 鉄分
  • マグネシウム
  • 水溶性食物繊維、不溶性食物繊維

 

生命活動に必要な栄養素を含んでいるので、ブルーベリーは栄養補給にもなります。とくに、悪阻(つわり)がひどく、食事がなかなか喉を通らず栄養不足になりやすい妊婦さんにおすすめです。ブルーベリーはカロリーが低く(100グラムあたり大体49〜66カロリーほど)、不足しがちな栄養素が摂れます。

 

ブルーベリーに含まれる成分がそれぞれ、妊娠中ならではのトラブル対策や体の健康維持にもなります。たとえば、アントシアニンは産後に起こりやすい骨粗しょう症の予防になりますし、鉄分は非ヘム鉄という吸収性が良いタイプで鉄分不足を回避できます。

 

さらに、ブルーベリーに含まれるさまざまな栄養素が免疫力を高めたり、母子ともに必要な葉酸も含んでいます。葉酸は赤ちゃんの細胞分裂をサポートし、成長を助けてくれます。

 

ただ、アントシアニンはたくさん食べないと、アントシアニンなどを十分に摂れません。妊婦さんでも利用できるサプリもあるので、栄養補給などのために活用してみてはいかがでしょうか。

▲TOP

リンク集