<h1>目の疲れを漢方で取り除く方法とは?</h1>

目の疲れを漢方で取り除く方法とは?

目の疲れを漢方で取り除く方法とは?目の疲れを改善したり癒す方法にはいろいろとあるのですが、その中でも漢方を取り入れるのもひとつの選択肢なのです。

 

漢方はどうしたら入手出来るのでしょうか?

 

最近では医師や専門薬局による処方薬だけではなく、ドラッグストアなどでも市販されています。

 

この処方薬と市販薬を比較した場合、処方薬のほうが成分を多く含むことが解っています。飲み方に関して言うと大体は食前か食間の空腹時に飲むように指導されることが多いでしょう。

 

この空腹時に飲む方が成分をよく吸収するので、食品との相互作用の不安もないと言われています。また、漢方薬の原料の生薬や体質によって漢方を飲む飲み物によっても効果が減少したり、逆に増加していくこともありますが、大体は食後で良いでしょう。

 

目の疲れに有効的な漢方を摂取する場合には、医師や薬剤師の指示の下に商品に記載されている使用上の注意などをよく読んで、決められた用法、用量をしっかりと守っていきましょう。

 

漢方は副作用がほとんどないと言われています。しかし全くないことではないので、少しは副作用があるものだと思っておきましょう。使用方法が間違っていたり、本人の体質などで副作用を起こす場合も考えられます。

 

もし服用を続けていて体調がおかしいと思った場合には、すぐに使用を中止しましょう。さらに西洋薬と一緒に使用する場合には、副作用や症状の悪化を招くこともあるのです。

 

そのため、服用前には医師や薬剤師と相談しておきましょう。また保存についてですが、湿気のないところ、直射日光の当たらないところや子供の手の届かない場所に保管しましょう。

▲TOP

リンク集